読書の秋


夏から読みたいと思ってたミステリー小説
ぶらり立ち寄った書店でやっと購入





【 毒殺魔の教室 】 著者:塔山 郁(とうやま かおる)

f0130024_20551524.jpg


第7回 『 このミステリーがすごい!』 大賞優秀賞の受賞作
夏ごろ車を運転してるときに
たまたま聞てたラジオで紹介していて
すごく気になっていたんです。 なんやかんやと
本を読む時間を確保できず秋になってしまったのでした



いやぁーーー 久し振りにガチッとハマッてしまったーー!!
すごい面白かったです! 犯人予想も二転三転して最後まで
真相がわからない そして意外な結末が・・・。スゴイ!!
「本当はどうなのよ!?」って謎のまま読み進め
「なんとっっっ!! そ~きたかっっ!!」ってな犯行理由。
そして最後の最後で少し切ない真相も含んでいたりして・・・。

おいら今回初めて出会った証言構成で書かれていて
モノローグ形式にもなってる作品だったので、ことさら新鮮で
最後まで飽きずにワクワクしながら読めました。

塔山 郁先生の他の作品も読んでみたいと思いました。



読書の秋って言いますしね (´ー`)
[PR]

by cyobi30 | 2009-09-17 21:23 | おすすめ